【サッカー人気3位】J2第20節FC琉球戦 「終了間際の失…

大宮花伝

翁長聖/プレー時間はチーム最長。タフガイが実践するのは“寝る子は育つ”?【西大宮の巻】

翁長聖はタフガイだ。ここまでの9試合すべてに出場し、チーム最長757分間プレーしている。長崎時代にも指導を受けた高木琢也監督に重用され、移籍1年目ながら中心選手となった。磐田戦を控えて翁長がメディアの合同インタビューに答えた。

 

得点力アップへの構想あり

Q.1−1と引き分けた新潟戦を踏まえ、磐田戦へ向けて特に意識したいところは。
「前回の試合も、今シーズンはずっとだが、2点目が取れていないチーム状況。チャンスは作れているというプラスな面もあるが、ゴール前で誰かが仕事をしないと、もっと上には難しいのかなと思う。そういうところを意識したい」

Q.チャンスの数はあると思いますが決めきるってところはどうでしょうか。
「まず、

(残り 828文字/全文: 1141文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック