【サッカー人気5位】【西部謙司の移籍通信簿】180度転換の…

大宮花伝

大山啓輔/妙技!推定60m超のスーパーゴール。元大宮の小林氏を彷彿【磐田戦/コラムの巻】

■明治安田生命J2リーグ第11節・8月12日(水)19:00キックオフ
NACK5スタジアム大宮/3029人
大宮アルディージャ2−2ジュビロ磐田
【得点者】大宮/43分、大山啓輔 81分、オウンゴール 磐田/60分、伊藤洋輝 90+5分 ルキアン

際立った前への意識

思わず息をのんだ。右足から放たれた美しき弾道の行方を追わずにはいられない。自陣のセンターサークル左付近をスタートに飛距離は60m以上。186㎝のGK志村滉の頭上を超え、ゴール中央にすっぽりと収まった。

感情を爆発させた大山啓輔は、飛び上がってガッツボーズ。スタンドの3029人の心を奪い、記憶に残るであろう先制点は圧巻の一言だ。判断力、技術力をともなったゴールを決めた大山にはプレー中に確信めいたものがあった。

「それまで

(残り 1192文字/全文: 1527文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック