【サッカー人気1位】準備が功を奏した部分と修正されない穴 …

大宮花伝

髙田颯也/福岡戦は「絶対に負けられない」。シュートや前に行く回数を増やす!【西大宮の巻】

 

前節の山形戦でワントップに入ったルーキー・髙田颯也。得点にはつながらなかったものの、最前線で攻撃を活性化させた。戸島章、小島幹敏のシャドーとの連係の手応えも感じた様子だ。福岡戦に向けてメディアのインタビューで意気込みなどを語った。

 

戸島、小島と「やりやすい」

Q.山形戦はワントップを務めました。狙いと手応えは。
「自分の役割としては背後が結構空いているとのことだったので、(高木琢也)監督からサイドに流れて、サイドの背後をどんどん突いてと言われていた。サイドでボールをいい形で受けて、前を向いたりという場面があったが、そこからの

(残り 1223文字/全文: 1497文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック