【サッカー人気2位】解消された違和感と興梠の言葉 浦和がこ…

大宮花伝

三門雄大/言動、プレーでチームを盛り立て、後半戦の巻き返しへ闘魂注入【西大宮の巻】

 

キャプテンの三門雄大がチームを奮い立たせ、前向きな雰囲気を作り出している。自分たちを信じて後半戦の巻き返しを誓い、水戸戦へ向けてのメディアの合同インタビューに答えた。

 

水戸戦は「キワ」の勝負

Q.京都戦は今季最多4得点し、また、今季初の逆転勝ちでした。後半戦をいい形でスタートできたのでは。
「複数得点で勝ったことは非常にうれしいことですし、徳島戦の後半も含めて自分たちの今できること、やりたいことは表現できたかな。やはり前半の失点の仕方は反省しないといけない。勝っているが、そういう部分はしっかりと反省をしていきたい思いが強い。後半戦は非常に大きな勝ち点差があるなかで、やっていかないといけない。いつも通りにやっていては追い付けない。0−2になったときにも選手たちには言ったが

(残り 5011文字/全文: 5359文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック