【サッカー人気2位】【解説】事案発生後、すぐに報告した仙台…

大宮花伝

小島幹敏/シャドーの経験をボランチで生かす。岡山戦ではアノ選手との攻防に注目。【西大宮の巻】

 

第17節の岡山との前回対戦から11試合連続で先発出場する小島幹敏。チーム屈指の運動量とパスの精度で今後の戦いのキーマンの一人と言えよう。小島が岡山戦へ向けてのメディアの合同インタビューに答えた。

 

「たくさんボールに触りたい」

Q.シャドーを経験され、現在はボランチでの出場が続いています。シャドーをやったからこそ、ボランチに生かせていることは。
「最近、アンカーみたいな位置でやっている。俺がシャドーをやっているときは

(残り 2921文字/全文: 3139文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック