【サッカー人気5位】【トリコロール研究所】上海上港戦でPK…

大宮花伝

悔しい岡山戦初黒星。試合翌日、指揮官が選手たちに伝えた事とは【岡山戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第27節・10月18日(日)14:00キックオフ
シティライトスタジアム/3,594人
ファジアーノ岡山 2-3 大宮アルディージャ
【得点者】岡山/59分 白井永地、61分 山本大貴、64分 白井永地 大宮/12分 イッペイ・シノヅカ、73分 イッペイ・シノヅカ

▼笠原昂史、決死のヘッドも…

90+5分、右CKの場面で最後尾からGK笠原昂史も参加。イッペイ・シノヅカが放ったボールを笠原が頭で合わせたものの、無情にもゴール左へ逸れた。直後に試合終了のホイッスルが響き、岡山戦は2−3の逆転負け。それは岡山にとって大宮戦の初勝利となった。

(残り 1783文字/全文: 2052文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック