【サッカー人気5位】五輪初戦、最大の収穫は谷晃生

大宮花伝

翁長聖/岡山戦で質の高いキックを披露。J1昇格へ「可能性がある以上、走り続ける」【西大宮の巻】

 

岡山戦で10試合ぶり先発の翁長聖。左ウイングバックとして運動量豊富に上下動して、攻守でチームのために力を尽くした。翁長が松本戦に向けてのメディアの合同インタビューに答えた。

 

常にチームのことを考え、行動

Q.岡山戦は10試合ぶりの先発となりました。個人、チームとしてのプレーを振り返っていかがでしょうか。
「個人としては前半の早い時間にいいプレーもありました。後半はああやって崩れてしまう部分があったので、自分で何かできることはなかったのかなと思う。

(残り 2160文字/全文: 2394文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ