【サッカー人気1位】完膚なきまでの敗戦だった鹿島戦 今季の…

大宮花伝

山越康平/屈辱を味わった相手に「リベンジしたい」☆高木琢也監督/「勝つ気持ちを出すゲームに」と闘争心強調【西大宮の巻】

 

前節の長崎戦で途中出場し、19試合ぶりにプレーした山越康平。ディフェンスリーダーの河本裕之が故障離脱しているだけに奮闘への期待が懸かる。山越と高木琢也監督が琉球戦に向けてメディアの合同インタビューに答えた。

 

河本が離脱 引っ張る覚悟

【山越康平】

Q.前節の長崎戦でケガから戦列復帰しました。自分のプレーを振り返って。
「映像で見直したら試合にはうまく入れていたのかな。特にリバウンドもなく戻ってこられたのは大きかった」

Q.長崎戦後、河本裕之選手のプレーについて話されていました。その河本選手がケガをされ、自分が引っ張るとの思いでしょうか。
「あれだけ大宮を支えてきた選手が今、いなくなってチームとしたらすごく痛い。その分、自分たちや、若い選手がもっと引っ張っていかないといけない。体を張って、しっかり守りたい」

Q.いいパフォーマンスをしているなかでの故障離脱でした。どんな思いを抱えてゲームを見ていたのでしょうか。
「自分自身も

(残り 3804文字/全文: 4224文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック