【サッカー人気5位】【西部謙司の移籍通信簿】川崎F&ガンバ…

大宮花伝

ホーム6試合ぶりの勝利も途絶えた目標。指揮官、選手が語るラスト8の拠り所【金沢戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第34節・11月15日(日)14:00キックオフ
NACK5スタジアム大宮/3,662人
大宮アルディージャ 1-0 ツエーゲン金沢
【得点者】大宮/33分 小島幹敏

▼先行逃げ切り。金沢・廣井友信の実感

ホームでは6試合ぶりの勝利となった。さらに、無失点で勝ったのは9月2日以来、約2カ月半ぶりだ。高木琢也監督は「ホームで勝てていないなかで、まず勝てたことが本当に良かった」との第一声。選手も笑顔をのぞかせた。

(残り 1609文字/全文: 1819文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック