【サッカー人気4位】「今季最初のTMは昨季△●の東京V相手…

大宮花伝

黒川淳史/水戸時代に指導を受けた敵将からの教えを「心に決めて」プレー。☆高木琢也監督/前回対戦の教訓を踏まえ「自分たちの良さを出したい」【西大宮の巻】

 

前線でのコンビネーションの牽引役を担う黒川淳史。自分の感覚を大事にプレーして活性化させている。今節の福岡は水戸時代の縁が深く、そういった相手を前に活躍できるか。福岡戦へ向けて黒川と高木琢也監督がメディアの合同インタビューに答えた。

 

心技体がそろったときに好プレー

【黒川淳史】

Q.群馬戦を振り返っていかがですか。
「ショートカウンターのところで自分たちのいい形がたくさん出せた。もっと後半に追加点を取って、試合を楽に運べたら良かったが勝ち切れたのは良かった」

Q.つなぎにいいシーンもありました。
「(小野)雅史くんがボランチに入り、(小島)幹敏がいるので

(残り 4212文字/全文: 4497文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック