【サッカー人気5位】【西部謙司の移籍通信簿】川崎F&ガンバ…

大宮花伝

3点先取も、4分間での3失点。チームに何が起きていたのか?【愛媛戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第38節・12月2日(水)19:00キックオフ
NACK5スタジアム大宮/1,914人
大宮アルディージャ 3-3 愛媛FC
【得点者】大宮/6分 小野雅史、8分 ‘嶋田慎太郎、23分 山田将之 愛媛/74分 忽那喬司、75分 有田光希、78分 川村拓夢

▼畳み掛けた前半の3ゴール

チームの脆弱性が出てしまった。前半に愛媛から3点のリードを奪ったものの、後半に3失点する悔しいドロー。ジェットコースターのような展開で嶋田慎太郎は「引き分けたが、負けた気分」と肩を落とす。2018年5月3日以来のゴールを決め、今季初得点となるチーム2点目の喜びは一気にしぼんだ。

(残り 1772文字/全文: 2051文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック