【サッカー人気4位】「(樺山は) チャンスをつかんだ。でも…

大宮花伝

【OB橋本早十さんの現在地・下】「プロになるとは誰も思わない」子ども時代。「絶対なれる」と貫いた経験も指導の参考に【インタビューの巻】

写真提供:大宮アルディージャ

 

特別指定選手時代も含め、大宮で10年間プレーした橋本早十さん。大宮を離れたあとは海外に挑み、タイのチョンブリーFCとマレーシアのDRBハイコムFCで活躍後、2015年に現役を退いた。橋本さんは「アルディージャで長くやらせてもらっていたので、引退してからも何かしら貢献したいと思っていた」と現在は大宮のU10担当コーチとして指導しながら、U 13のスカウトも兼任。縁の下でクラブを支えている。
昨年、埼玉県第4種サッカーリーグ選手権大会で橋本さんと筆者が遭遇。仕事ぶりの一端をうかがい、それはとても興味深いものだった。インタビューを申し込み、あらためて話を聞かせていただいた。

 

育てたい選手の理想像は…?

Q.ゆくゆくはアルディージャがJ1で強豪になり、日本を代表する選手の輩出も期待するところですが。
「J2の昨年は結果がなかなか出なかったものの、アカデミー出身者がメンバーに多く入っていたのは取り組みの成果が出てきたということ。大事にしてきた技術や賢さ、インテリジェンスは継続するべき。それが、やってきた積み重ねだと思う。ただ、

(残り 2811文字/全文: 3297文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック