【サッカー人気5位】過去2年最も低調な内容

大宮花伝

岩瀬健監督/練習試合の名古屋戦を振り返る。「狙いとする場面を選手はトライして」J1勢に惜敗も、勝つために選手に足りなかったものとは?【インタビューの巻】


※写真提供:大宮アルディージャ

 

岩瀬健監督となって初のJ1勢・名古屋との練習試合(2月3日)は3 − 4 (2−1、0−1、1−2)の敗戦。“勝つこと”をテーマの一つに掲げているが惜敗に終わった。名古屋後に行われたメディアの合同インタビューをお伝えする。

 

選手の特長に合わせて配置

Q.名古屋との練習試合の全体的な感想は。
「攻撃と守備の狙いのあるなかで選手たちが、積極的にトライしていたプレーが多かった。すごく取り組み方は良かった。ただ、試合には勝てなかったので結果という意味では良くなかった」

Q.攻撃と守備のテーマを教えていただけますか。

(残り 2849文字/全文: 3125文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ