【サッカー人気1位】秩序と混沌のどちらを求めるか ピッチに…

大宮花伝

馬渡和彰/大宮で7チーム目。さまざまな経験で磨かれ続ける“人間力”。男気あふれるDFが各クラブでトライしてきたことは?【インタビューの巻】

 

馬渡和彰−−。名前の“渡”にある通り、J1の強豪からJ3まで6チームを渡り、大宮で7チーム目。十人十色のチーム、監督、選手から多くを学び、それを惜しげもなく大宮に還元し、J1昇格への力になる覚悟だ。馬渡がメディアの合同インタビューで、気持ちみなぎる言葉の数々を発している。

 

珍しい再会となった2選手

Q.加入から約1カ月になりますが現在のコンディションと大宮の印象は。
「コンディションはだいぶ整ってきた。早く公式戦が始まって、躍動する姿を皆さんにお見せしたい。大宮の印象は若い選手が多くて、非常にスピード感もある。新しい岩瀬健監督の下、新しいサッカーに取り組んでいますし、エ

(残り 3634文字/全文: 3931文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ