【サッカー人気1位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

大宮花伝

西村慧祐/個がそろう相手に「点を取らせない」「主導権を握る」☆岩瀬健監督/終盤の試合運びに課題。「選手の力が出せるように」【長崎戦/コメント】

 

プロ2年目も順調に出場機会を伸ばしている西村慧祐。京都戦では松田詠太郎の同点ゴールを引き出すロングフィードを見せるなど攻撃にも貢献中だ。守備陣としては毎試合の失点を止めることが急務で長崎戦では無失点勝利が期待される。西村と岩瀬健監督がメディアの合同インタビューに答えた。

 

連敗ストップは無失点が必須

【西村慧祐】

Q.京都戦は0−1から再開というイレギュラーな試合でした。どういうことを心掛けて入る狙いだったのでしょうか。
「まずは一つ、同点においついて、そこから残りの時間で逆転することがチームの狙いでした」

Q.後半は相手の攻撃を受ける展開になりました。
「自分たちがボールを持つ時間より守備に回る時間のが多かった。ボールを奪った後の選択やプレッシャーの掛け方は改善が必要かな」

Q.守備ではCBとボランチの連係がポイントになるのでは。

(残り 4008文字/全文: 4383文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ