【サッカー人気3位】米独目線で考える「スーパーリーグ頓挫の…

大宮花伝

小島幹敏/長崎戦で今季初ゴール。勢いづく難敵から結果を残して過去のイメージを払拭へ。☆岩瀬健監督/相性の悪さは気にせず「最善の準備をしていく」。【琉球戦/コメント】

 

長崎戦で今季初ゴールを決めた小島幹敏。攻撃では何度も前に顔を出し、守備でもハードワークして貢献した。琉球戦はチームの実力が問われる一戦で小島と岩瀬健監督がメディアの合同インタビューに答えた。

 

元同僚たちとの対戦に闘志

【小島幹敏】

Q.長崎戦を振り返ると1点目の起点になり、2点目は自身で決めました。
「1点目は自分がスペースに走ったのを(黒川)淳史が見てくれ、パスを出してくれていいスペースに走り込めた。そこはカズくん(馬渡和彰)のクロスが良かった。2点目も

(残り 5380文字/全文: 5618文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ