【サッカー人気5位】河田篤秀/巻き返しの救世主へーー。実績…

大宮花伝

天敵相手の勝ち点1。5連勝中チームとの対戦で残した爪痕【琉球戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第6節・4月3日(土)17:00キックオフ
タピック県総ひやごんスタジアム/2,749人
FC琉球 0-0 大宮アルディージャ

▼「チームとしてまとまって戦えた」(黒川淳史)

“天敵”の琉球との戦いはスコアレスドローだった。黒川淳史は「相手は5連勝していて勢いがあるチーム。アウェーで少し変わった雰囲気や気候だったなかでチームとしてまとまって90分間を戦えた」と振り返る。連勝記録更新を阻止し、毎試合得点の琉球を完封した。

(残り 1225文字/全文: 1442文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ