【サッカー人気1位】川端暁彦と五輪GL総括「予定外の事も良…

大宮花伝

暫定監督の佐々木則夫トータルアドバイザーが新たな風を吹き込む。「現実的なサッカーを」【会見ほぼ全文】

写真提供:大宮アルディージャ

 

成績不振で岩瀬健監督が解任となり、佐々木則夫トータルアドバイザーが暫定監督に就いた。男子の指揮は大宮の初代監督だったとき以来。なでしこジャパンを率いた経験を存分に生かし、千葉戦での11試合ぶりへ向けて全力を尽くしている。佐々木監督がオンラインでの会見で、さまざまな質問に答えた。

 

久し“ブリ”に男子を指導

Q.監督を要請されたときの思いは。
「岩瀬監督をサポートしていかないといけない私自身も、さまざまな試合、内情も理解はしていた。そのなかでこういった成績で岩瀬監督も選手も頑張っていて、なかなか結果が出ない状況は裏も表もだいたい分かっている。ここで流れを変えないといけない、まだまだJ1を捨て切れないところの対処や順位を一つでも上げないといけない状況のなかでは、僕自身がサポートをしっかりとできなかって分、何かをやらないといけないということも使命だと思っていた。要請があったときには『責任を持ってやります』とお受けした」

Q.裏も表もということですが外からチームを見ていて、どういう問題点を感じ取って、どう変えていこうと考えていますか。

(残り 3491文字/全文: 3982文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ