【サッカー人気2位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

大宮花伝

【★無料公開】佐々木則夫暫定政権ラストマッチは惜敗。霜田体制移行に向けた準備段階での変化【天皇杯・千葉戦/マッチレビュー】

▼そして霜田体制へ

前回も千葉に少ない好機を仕留められ、今回も勝負強さで下回った。

セットプレーが増えても得点の匂いはせず、クロスを配球しても中に人数がいない、合わないと精度に欠ける。松田は改善を誓う。「クロスの本数をたくさん上げているだけじゃ点を取れないのはチーム全体で理解している。そこに合わせていけてないので得点が少ない。練習からしっかりやっていきたい」

この日はキャプテンマークを巻いた石川俊輝は「勝負を決めるのはゴール前の部分」と肝に命じる。これまで以上に「練習から1本に対するこだわりを1人だけじゃなくチームとして、もっともっと意識を高めていかないとゲームではなかなか結果が出ない」と自覚。今後の修正へ力を込めた。

今試合は霜田正浩新監督も駆けつけた。ほとんどの時間をベンチから立つことなく過ごした佐々木監督は「戦術的要素は霜田監督も含めて準備してきた」と言い、既にバトンタッチが済んでいる印象。新しい布陣の採用にも霜田監督の意向が反映されたのかもしれない。千葉戦後、いよいよ“霜田体制”が本格化する。

松田は「再スタートになる。もう一度、アピールして、もっと試合に絡めるようにしたい」と新たに始まるチーム内競争に意欲十分。石川は「僕たち選手たちはピッチで結果を出し続けないといけない。監督が代わるがチーム全体として一試合一試合、勝つことだけを考えてやっていかないと」と集中した。

失点直後、チームは輪になって逆転へと士気を高めていた。それは報われなかったものの、チームは一丸だと証明した象徴的シーン。現状を見ると本当に一からの再スタートで課題は山積しているが、バラバラになっていないことは大事なポイントだ。残り25試合でまずはJ3降格圏から脱出し、次は残留争いへ。チームの力が試される。

Text by 松澤明美

前のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ