【サッカー人気2位】オーストラリア戦、地域CL組み合わせ、…

大宮花伝

奥抜侃志/“考える”ことでプレーの幅が拡大。「背後の意識が強い」。☆霜田正浩監督/「結果を出して、自信をたくさんつけてほしい」。【愛媛戦/コメント】

 

奥抜侃志が乗っている。今季はリハビリ期間が長かったものの、東京V戦で開幕の水戸戦以来のゴールを決めて表情は生き生き。“考える”ことで成長が加速しているようだ。愛媛戦へ向けて奥抜と霜田正浩監督がメディアの合同インタビューに答えた。

 

表情いきいき 言葉にも変化

【奥抜侃志】

Q.故障から戦列復帰し、調子を上げています。
「自分としても考えてプレーすることが日に日にできている。自分のポジショニングの位置や、どうして受けられたか、背後を取れたかとわかるようになっている。自分としても日々成長できている」

Q.考えてプレーするようになって発見はありますか。

(残り 6489文字/全文: 6770文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ