【サッカー人気1位】互いに長所の裏返しが出たゲーム 浦和が…

大宮花伝

乱戦の末の痛み分け。不得手な相手に支払った「高い授業料」の内実【愛媛戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第29節・9月12日(日)19:00キックオフ
ニンジニアスタジアム/1,827人
愛媛FC 3-3 大宮アルディージャ
【得点者】愛媛/38分 藤本佳希、42分 西岡大志、62分 石井快征 大宮/6分 奥抜侃志、58分 オウンゴール、66分 河田篤秀

▼なぜトーンダウンしたのか

乱打戦となった“6ポイントマッチ”は3−3で痛みを分けた。愛媛とは難しくなりがちだが、またもや残念な結果で、2019年8月25日の対戦からは5戦未勝利だ。

(残り 2197文字/全文: 2413文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ