【サッカー人気2位】【J1騒乱】[熱論]優勝カウントダウン…

大宮花伝

小島幹敏/6ポイントマッチに「残留するにはそういうところを落とせない」☆霜田正浩監督/「形を作って、その形を崩してやる段階」が次のステップ。【相模原戦/コメント】

 

小島幹敏は攻撃のキーマンだ。そのことを相模原の高木琢也監督もよく知るだけに“小島包囲網”を敷いてきそうだが、くぐり抜けてチームを3試合ぶり勝利に導いてくれるとの期待は大きい。小島と霜田正浩監督がメディアの合同インタビューに答えた。

 

ボランチの攻防に注目

【小島幹敏】

Q.前節の甲府戦は伊藤彰監督、今節の相模原戦は高木琢也監督と大宮をよく知る指揮官のチームとの対戦が続きます。甲府戦を踏まえて、相模原戦への思いは。
「甲府戦の前半は後ろでゆっくりしてしまった。シュートへ行くチャンスが少なく、チャンスを作るため前にボールをつけたりするシーンが少なかった。

(残り 6612文字/全文: 6897文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ