【サッカー人気4位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

大宮花伝

もぎ取った「1」か失った「2」か。序盤の2失点を挽回する猛追ドロー【金沢戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第33節・10月9日(土)14:00キックオフ
NACK5スタジアム大宮/4,690人
大宮アルディージャ 2-2 ツエーゲン金沢
【得点者】大宮/42分 馬渡和彰、85分 中野誠也 金沢/4分 大谷駿斗、12分 大谷駿斗

▼隙があった試合の入り

突き放せそうで、突き放せない−−。

“6ポイントマッチ”となった金沢戦は2点のリードを許したものの、なんとか追いついての痛み分け。逆転する力は備わっておらず、引き分けに持ち込むのが精いっぱいだ。順位は14位から15位に一つ後退し、残留争いの厳しさをあらためて痛感。J3降格圏の19位・松本とは勝ち点3差で、まだまだ近くに息遣いを感じる。

(残り 2283文字/全文: 2574文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ