大宮花伝

上田智輝/療養から復活。「プレーで恩返しを」☆霜田正浩監督/勝つために「割り切りも必要」【町田戦/コメント】

 

肺に膿がたまる「膿胸」を患って療養していた上田智輝。2度の手術を経て回復し、ようやく元気な姿を見せている。以前のようなプレーを取り戻りつつあり、再び戦力となれるよう日々の練習に取り組む。上田と霜田正浩監督が町田戦に向けてメディアの合同インタビューに答えた。

 

発症に衝撃 2回の手術

【上田智輝】

Q.今季に復帰できるか難しそうでしたが。
「僕も正直、ケガじゃないのでトレーナーや(チーム)ドクターに相談しても復帰のめどは立たないと言われていた。今季に復帰できるかわからなかった。傷口が治ってから病院の先生から始めていいと言われて、セービングなどをやったら意外とできた。そこから結構、急ピッチで上がっていって早めに合流できた」

Q.病名は。
「膿胸です。手術も2回して。

(残り 7322文字/全文: 7661文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ