今年のJ2大展望LIVE(1/18(火)22時)【J論】

大宮花伝

新天地での活躍を誓う渡部大輔、山越康平、高山和真が惜別の言葉。チームを離れたオレンジ戦士たちのフォトレポートも。【コラムの巻】

 

多くの選手が昨季限りでチームを去った。期限付き移籍でそのまま完全移籍した選手、レンタルに出た選手を入れて計23人。そのなかの渡部大輔、山越康平、高山和真がシーズン終了後、メディアの合同インタビューに対応している。渡部はJ3の相模原、山越はJ2の東京V、高山はJ3の富山と新天地が決まったので、惜別の思いを込めてコラム形式で3人の声をお届けしたい。

 

クラブ在籍20年 Jr.ユースの草分け

【渡部大輔】

「大宮を離れることはすごく寂しいですし、まだまだ大宮でプレーしたかったです。もっと大宮の力になりたかったです。そして、大宮で引退したかったです」−−。

渡部大輔の契約満了のコメントを読んで胸が潰れる思いだった。大宮一筋14年、ジュニアユース1期生としてクラブ、チームを下支えしてきた背番号13がいなくなる…。相模原に決まったと発表されたときは心底、ホッとした。それは筆者だけではないはずだ。

(残り 5357文字/全文: 5760文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ