大宮花伝

シーズン初勝利という名の春到来! 千葉を追い込んだ割り切り策とは【千葉戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第10節・4月16日(土)14:00キックオフ
NACK5スタジアム大宮/5,432人
大宮アルディージャ 2-1 ジェフユナイテッド千葉
【得点者】大宮/9分 河田篤秀、68分 河田篤秀 千葉/87分 新井一耀

▼まずは背後へ

アディショナルタイムの表示は6分。長い…。千葉のパワープレーは迫力があり、「追いつかれるのでは」とハラハラドキドキし、手に汗を握ってしまう。戦う姿勢を取り戻して一枚岩となったオレンジの壁がそれを凌ぎ切ると、ようやく大宮に桜が咲いた。

(残り 2612文字/全文: 2844文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ