大宮花伝

相馬直樹監督/手応えを持って臨むホーム初陣☆新里亮/人としても成長できた古巣との一戦☆貫真郷/天皇杯でプロデビューの新星【水戸戦/コメント】

 

 

水戸戦は相馬直樹監督のホーム初陣となる。5月26日に就任してから公式戦2試合をこなして1勝1分と無敗なだけに“相馬アルディージャ”のホーム初勝利への期待も高まる。相馬監督と古巣戦となる新里亮、天皇杯琉球戦でプロデビューを果たした貫真郷が水戸戦へ向けて意気込みなどを語った。

 

相手の積極性を警戒

【相馬直樹監督】

Q.琉球戦は4−1で3回戦進出しました。あらためて振り返りをお願いいたします。
「非常にポジティブな面が多かった。アウェーで暑く(公式記録は27.3℃)、気候のところで少し我々にとって大変だったと思うが最後までしっかり戦ってくれた。そういったところがすごくよかった」

Q.ポジティブな面とは。

(残り 4607文字/全文: 4922文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ