大宮花伝

収穫の勝ち点1。新チームが抱える過渡期ゆえのジレンマ【千葉戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第22節・6月18日(土)14:00キックオフ
フクダ電子アリーナ/6,099人
ジェフユナイテッド千葉 1-1 大宮アルディージャ
【得点者】千葉/44分 櫻川ソロモン 大宮/17分 新里亮

▼必殺のセットプレーで先制も…

後半戦がスタートし、今季が折り返した。初戦となった千葉戦は1−1の痛み分け。ほとんどの時間でボールを持たれながらも、上位相手に守備で耐えて負けなかったことは一つの収穫だろう。ただ同時に、先行して追いつかれたことや単調な試合内容は物足りなさもあった。試合後の取材エリアで見せた選手たちの悔しげな表情にも色濃く出ていたように思う。

(残り 2354文字/全文: 2632文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ