大宮花伝

相馬直樹監督/勇気を持てば「ひっくり返すチャンスある」☆大橋尚志/定位置確保へ「出し切りたい」☆吉永昇偉/貴重なJ1との対戦に「楽しみな試合」【鹿島戦/コメント】

 

天皇杯3回戦の相手はJ1で2位の鹿島だ。相馬直樹監督が現役時代にプレーしたチームであり、昨季には指揮も執った。表には出さないものの、秘める思いはあるだろう。相馬監督と同じく古巣戦になるのは大橋尚志。初めての対戦に心を踊らせている。吉永昇偉は2回戦で今季公式戦初スタメンに入り、鹿島戦で連続スタメンを果たしたいところだ。相馬監督、大橋、吉永が鹿島戦へ意気込みなどを語った。

 

「突き抜けるもの必要」

【相馬直樹監督】

Q.鹿島の印象は。
「鹿島はチーム状態がよく、非常に前への推進力は高い。強度もかなり高いので一つひとつのところ、まずファースト(DF)のところをしっかりと戦わないといけないし、そこを助けられる距離というのも大事だと思う」

(残り 4926文字/全文: 5251文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ