大宮花伝

前半で勝負アリ。結果に対する責任の所在は、“現場”だけなのか?【水戸戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第29節・7月30日(土)18:00キックオフ
ケーズデンキスタジアム水戸/3,396人
水戸ホーリーホック 1-0 大宮アルディージャ
【得点者】水戸/9分 曽根田穣

▼脆かったキワの勝負

水戸戦前、精神的支柱でキャプテンの三門雄大がJ3今治に完全移籍し、目標は“J2残留”に下方修正された。キャプテンなどの顔触れが変わる転換後の1試合目だった水戸戦は完敗。内容は0−1の点差以上の実力差があった。

(残り 2044文字/全文: 2248文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ