『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「OmiyaVision」片村光博

★無料記事【練習コメント】山越康平「ビルドアップでもカウンターを受けないリスク管理が大事」

C大阪の強烈な“個”と対峙する今節。山越にとっては成長をアピールするチャンスでもある

■山越 康平
――前節・仙台戦の勝利によって勢いに乗っていきたい?
「まず、連勝することが勢いに乗るためには大事だと思います。次にしっかり勝てるようにしていきたいと思います。どの試合も簡単な試合にはならないと思いますけど、セットプレーは一つカギになるのかなと思っています」

――セットプレーの失点を防ぐイメージは?
「自由にヘディングさせないことが大事だと思いますし、一人ひとりがしっかりマークに付くことが大事だと思っています」

――今季のC大阪の印象は?
「しっかりとした守備から入ってカウンターというのが非常に優れていて、守備が堅いという印象があります。1回引いて、しっかりブロックを作ってからハメてくる感じがある。ビルドアップでもカウンターを受けないリスク管理が大事。つまらないミスをしないように心がけたいと思います」

――効果的な縦パスが増えている印象だが?
「もうちょっと自分が縦に入れたい。効果的なパスというか、ロングボールやサイドチェンジを含めてもっと蹴りたいと意識しています。前には速い選手がいますし、合わせていければいいかなと思っています。セレッソは高さもあって前には強い印象ですけど、裏の対応にはそこまで強い印象がない。しっかり狙っていきたいと思います」

――マテウスや瀬川へのパスは意識していく?
「そこで失っても前からハメられるし、押し上げられる。そういうことを使っていくのも大事かなと思います。相手のボランチ2人の守備がすごく良くて守備範囲も広いので、ビルドアップは慎重に行かないといけないと感じています」

――縦への意識を強められるようになってきた理由は?
「試合を重ねるごとにだんだん周りが見えるようになってきましたし、試合に出ているから慣れてきたというか、分かってきたという感じが自分の中でもあります。どこが空いてくるのかが分かってきたというか、だんだん意識するようになってきたのは大きいと思います」

――プロ初得点で自身としても勢いが出てくるのでは?
「ゴールも大事ですけど、やっぱり無失点、1-0で勝ちたいというのが守備の選手としての本音。無失点に抑えて勝ちたいと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ