「OmiyaVision」片村光博

★無料記事【練習コメント】伊藤彰監督「攻撃からしっかりゲームを組み立てていくことは意識させたい」

攻撃からチームを組み立てている伊藤監督。1試合ずつ勝ち切って勝点を重ねていくつもりだ

■伊藤 彰監督
――ルヴァンカップの初陣を飾ってリーグ戦に向かえるが?
「ルヴァンカップとリーグは全然違うと思うので、勝ったからという感じではないですけど、リーグに向けて良いゲームができたのかなとは感じています」

――ルヴァンカップでの最大の収穫は?
「攻撃的なところをやりたいというのはあったんですが、その中で一人少なくなって、守備的なところの構築がゲームの中でできた。そういう意味ではすごく意識高くやってくれたと感じています。少しずつ修正してやっていきたいと思います」

――攻撃面でもポゼッションや得点の形は見せられたのでは?
「相手が11人、こっちが10人という中で、良い崩しだったり、後ろの作りだったりというところは、ハーフタイムにも言って意識していました。結果的に最後、2本取れたということ、攻撃的に崩せたというところは良かったと思います」

――リーグ戦に臨む上でのポイントは?
「記者会見でも言いましたけど、勝点3を取っていかないといけないので、やっぱり攻撃的にできることが一番。それで勝点3を取っていくということが、勝点を積み上げるというところでは一番良いのかなと。その中でしっかりと無失点に抑えられるようにというところは、意識させていきたいというところ。でも、すべてが次のゲームでできるかと言ったらそうでもない。一つひとつ積み上げていかないといけない。ただ、入り的なところでは、今まで守備から入っていたところから気持ちを切り替えたい、リフレッシュさせたいというところがあった。どちらかと言えば守備ではなく攻撃からしっかりゲームを組み立てていくことは、意識させたいなと思っています」

――その効果が出始めているのでは?
「ハッキリしたというか、『ここでこういう感じで攻めていくよ』、『その代わり切り替えを早くしましょう』というところは、彼らもたぶん分かってきている。トレーニングからポゼッションとかをやっていても、そういうところは意識してくれているのかなと思います」

――リーグ戦はまた違う戦いになるが?
「まったく違うんじゃないですか。テンションも全然違いますし、そこは選手にも伝えました。ここで緩んでいてもしょうがない。いま自分たちの置かれている立場は、ルヴァンカップでは勝ったけど、リーグはまた別物。ここで勝たないとというところは試合翌日に言いましたし、それが鳥栖戦で出れば一番良いと思います」

――ユース時代の取り組みを少しずつ取り入れていく?
「ほとんど一緒のようなことをやって、ユースの選手たちよりもクオリティーも理解度も高いので、たぶん早く理解してくれていると思います。その中で自分たちがアレンジできる選手たちだと思っているので、ある程度の大枠、こういう感じでやるんだよというところから、アレンジしていこうというところまで含めて期待していますね。いまは知識というかやり方というか、自分たちの成功例として、『こういう感じで点が取れた』というのが2つ作れた。そういう面では、そこに彼らは照準を合わせてやってくれればなと思います」

――リーグ初戦で鳥栖と対戦することについては?
「どこの相手も強いとは思うので、一戦一戦100%でやって勝ちを拾えるかどうか。どの相手だからというよりも、自分たちがどれくらいできるか。そこがウチのチームの足りないところだと思います。まずは自分たちのサッカーをできるかどうか。そうなれば勝ちも付いてくると思います。逆に相手に合わせてばかりだと、『自分たちのサッカーって何?』となってしまう。大宮のスタイルを出して、『そういうものですよ』というのをどんな試合でもやっていかないといけない。その中で強いチームに対してどういう戦術があるのか。スタイルと戦術はまったく違うものですから、戦術は戦術、自分たちがどういうスタイルでやるかということだけは、ハッキリさせたいと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ