『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「OmiyaVision」片村光博

★無料記事:カウエ「まずは目の前の一戦に向けて良い準備をして、高い集中力で臨みたい」【練習コメント】

さいたまダービーで先発デビューを飾ったカウエ。今節に出場することになれば、NACK5スタジアムでのプレーは初となる。

■カウエ
――さいたまダービーが先発デビュー戦となったが?
「先発デビューできたことはうれしいことですし、ダービーという大きな舞台でチームの一員としてピッチに立てたことも、自分自身としてうれしかったです。チームに貢献できたところも多くありましたし、思っていたよりも連係を含めてチームの力になれたと思っています。今後はさらに磨き上げて、チームのためにもっと良い仕事ができればと思います。この試合全体を見ると、自分たちの状況を考えたらどうしても勝点3の欲しい試合でしたけど、ゲームの流れ、アウェイのダービーで2回リードされて追い付いたということで、貴重な勝点1になった。この勝点が今後につながっていく大事なものになったと思います」

――アンカーやダブルボランチの一角、左センターバックとさまざまなポジションをこなしたが?
「ポルトガルではボランチを中心にやっていましたけど、いろいろなポジションをこれまでこなしてきているし、監督が自分の一番生きるところとしてボランチやセンターバック、インテリオールで使って、すぐ適応できた。起用には必ず応えるようにしたいですし、『ここで絶対』というのはない。自分が一番生きるところで使ってもらえれば、いつでも準備はしています」

――いきなり夏場の連戦となるが?
「夏場はどうしても消耗の激しいゲームが続く中で、1試合1試合相手の特長をしっかり分析して、自分たちが何をしなければいけないのかというのを、トレーニングの準備期間でやらないといけない。東京戦、新潟戦でどういう戦い方をしなければいけないかを頭の中に入れて、ピッチで自分たちの持っているサッカーを出さないといけない。この2試合で勝点6を目指してやらないといけない状況ですし、それができれば必ずこの状況から脱出できると信じています。チームもそのために準備してきていますし、力も持っているので、まずは目の前の一戦に向けて良い準備をして、高い集中力で臨みたいです」

――先発出場を経て見えてきたものは?
「自分の持っている力、スタイルはある程度出せたと思います。ビルドアップでボールをもらいに来て、前線に配給するとか、守備のところでガッツあるプレーを見せられた。自分自身の持っているスタイルは浦和戦である程度表現できたので、チームメートも自分を理解してきていると思います。連係はどうしてもすぐ馴染めるわけではないので、ちょっとずつ戦術面も高めなければいけない。焦らず、一歩一歩進んでいって、自分の持っている力を生かせばチームの力になれると思います。監督が求めている修正点や、現在のストロングポイントをさらに利用することも今後は出てくると思うので、次の試合でどういうプレーを求められるのか受け入れて、やっていきたいと思います」

――今節はNACKでのデビュー戦となるが?
「NACKでサポーターの前でのデビューは待ち遠しいですし、先発になれば自分の持っている力、戦う姿勢を前面に出して、最高の結果を残してサポーターが笑って帰れるように準備をして臨みたいと思います」

OmiyaVisionとは

OmiyaVisionへのアクセス、感謝申し上げます。編集長を務める片村光博です。
OmiyaVisionは大宮アルディージャの情報をより広く、より深く伝えていくためのWEBマガジンです。

大宮アルディージャは2014年のJ2降格を経て、確かな方向性=“Vision”を持って前進しようとトライを重ねている最中です。
より大きく、確かな存在となっていくであろう彼らの歩みを細やかに追い、実像に迫り、皆さまに伝えていく。そんな媒体とするために、OmiyaVisionを立ち上げました。

現在の主なコンテンツは以下のとおりになっています。

●試合情報(監督・選手コメント、マッチレポート、プレビューなど)
●高木通信(練習場でのコメント、フォトレポート、最新ニュースなど)
●コラム(選手・チームコラム、若手特集、アカデミー情報など)
●インタビュー(節目での監督・選手などのインタビューなど)
●番外編(イベントレポート、コラボ連載など)

もちろん上記がすべてではなく、そのときにタイムリーな情報をお届けしていきます。大宮アルディージャを愛する方々にとって、フットボールライフを充実させる媒体となれれば幸いです。

○プロフィール
片村 光博(かたむら・みつひろ)
2002年の日韓W杯でサッカーに目覚め、紆余曲折を経て2013年よりサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』の編集ヘルプの傍ら、フリーランスの記者として活動を開始。2014年から大宮アルディージャの担当記者となり、継続的に取材を行っている。現在おすすめのサッカー漫画は『夕空のクライフイズム』。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

ご自宅で、移動中で、出張先で、いつでも好きな時にプレミアムコンテンツが読める。

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ