『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「OmiyaVision」片村光博

★無料記事:菊地光将「自分たちは1試合も落とせない」【練習コメント】

苦境にあってもアグレッシブな攻守を見せる主将・菊地。新潟戦での勝利に向けて闘志を燃やす

■菊地 光将
――FC東京戦はセットプレーからの失点が痛かったが?
「ああいうところもしっかりと我慢していかないといけないと思うし、セットプレーでやられるのはもったいない部分もある。みんな集中してやっているし、やられている場面もそこまで多くないんですけど、それでも失点しているという現状がある。しかも点を取ったあとにやられることが結構あって、みんな意識はしているし、点を取ったときも声を掛けていますけど、それでもという感じもある。自分たちが意識し過ぎな部分も、もしかしたらあるのかもしれない。もうちょっと自然体というか、結果がすべてですけど、ちょっと考えながらやりたいなと思います」

――得点は取れているだけにもったいない?
「得点は取れているし、体を張っているとか、張っていないとかの問題でもない。みんな体も張ってくれているし、しっかり守れているところもある。それでもちょっとしたところでやられている部分があって、難しいですけど、しっかりと良い結果が出るように、みんなでやっていきたいと思います」

――得点後に畳み掛けるような戦いがしたい?
「そうですね。そういう声を掛けているぶん、もしかしたら守備の意識に関係しているのかもしれないというのもある。誰か一人とかじゃなくて、みんなでやっていかないといけないのかなと思います」

――今節・新潟戦に向けては?
「本当に大事な試合になるし、ホームでできる。いまは新潟とか言うよりも、自分たちは1試合も落とせない。連戦ではありますけど、しっかりとみんなで良い準備をして、勝ちたいなと思います」

――主将として現在のチームにどんな声を掛けていく?
「総力戦になってくると思うし、チームみんながここでバラバラになっても仕方ない。試合内容を見てもそんなに悪くはないし、やれている部分のほうがたくさんある。しっかり結果が出れば上に行けるとは思いますけど、それはシーズン序盤にも言っていたことだし、そこからいまはこうなってしまっている。ちょっとした部分だと思うんですけど、そのちょっとした部分でこの順位になってしまっている。でも、1試合勝てばまたチームの雰囲気もガラッと変わると思いますし、ここは耐えどころ。しっかりと勝ちたいなと思います」

OmiyaVisionとは

OmiyaVisionへのアクセス、感謝申し上げます。編集長を務める片村光博です。
OmiyaVisionは大宮アルディージャの情報をより広く、より深く伝えていくためのWEBマガジンです。

大宮アルディージャは2014年のJ2降格を経て、確かな方向性=“Vision”を持って前進しようとトライを重ねている最中です。
より大きく、確かな存在となっていくであろう彼らの歩みを細やかに追い、実像に迫り、皆さまに伝えていく。そんな媒体とするために、OmiyaVisionを立ち上げました。

現在の主なコンテンツは以下のとおりになっています。

●試合情報(監督・選手コメント、マッチレポート、プレビューなど)
●高木通信(練習場でのコメント、フォトレポート、最新ニュースなど)
●コラム(選手・チームコラム、若手特集、アカデミー情報など)
●インタビュー(節目での監督・選手などのインタビューなど)
●番外編(イベントレポート、コラボ連載など)

もちろん上記がすべてではなく、そのときにタイムリーな情報をお届けしていきます。大宮アルディージャを愛する方々にとって、フットボールライフを充実させる媒体となれれば幸いです。

○プロフィール
片村 光博(かたむら・みつひろ)
2002年の日韓W杯でサッカーに目覚め、紆余曲折を経て2013年よりサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』の編集ヘルプの傍ら、フリーランスの記者として活動を開始。2014年から大宮アルディージャの担当記者となり、継続的に取材を行っている。現在おすすめのサッカー漫画は『夕空のクライフイズム』。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

ご自宅で、移動中で、出張先で、いつでも好きな時にプレミアムコンテンツが読める。

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ