『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「OmiyaVision」片村光博

★無料記事:大前元紀「妥協しないで、勝ち切れるようにしていきたい」【練習コメント】

前節はトップ下で力を再証明した大前。今節は継続に加え、結果につなげることが期待される

■大前 元紀
――[4-2-3-1]のトップ下への感触は?
「今までやってきた[4-1-4-1]じゃない形で、[4-1-4-1]ではアンカーのカウエが自由に動きたがって空けるシーンがあったと思うんですけど、ダブルボランチにすることで(大山)啓輔がうまくバランスを取ってカウエを自由にできている。前にも俺と(江坂)任で人数が多くなっていると思うし、そこは良いところかなと思います。いまはどういう状況で、何をしなきゃいけないかという中で、やっぱり点を取らなきゃいけないというのが一番だと思うし、だからこそ前に人数を掛けないといけない。攻撃により厚みを持たせないといけないと思うので、2トップではないですけど、前に人数を掛けているのは良いと思います」

――2トップ気味というよりも、中盤のトライアングルを逆にするイメージになる?
「そのイメージで、任の近くですね。ここ最近、任の近くでプレーできている選手がなかなかいなかったと思うし、孤立している部分はあった。任に入ったときにしっかり近くでプレーできるようにやっていけたらいいんじゃないかなと思います」

――今節・G大阪戦に向けては?
「間違いなく良いチームだと思いますし、日本でもトップレベルのチーム。その中で前回対戦も負けているし、その借りを返さないといけない。正直、僕たちはどこが相手でも勝点3を取らないと残留はできないので、相手はもちろん良いチームですけど、しっかりリスペクトして勝てるように戦っていきたいと思います」

――守備よりも攻め倒すイメージで行きたい?
「点を取らないと勝てないし、無失点に抑えても勝点1しか取れない。勝点1というのも必要ですけど、いまは勝点3がより必要なチーム状況だと思います。そこは妥協しないで、勝ち切れるようにしていきたいと思います」

――鹿島戦から継続したい部分は?
「後半になって選手が入れ替わった状況でも、相手よりボールを保持してチャンスは作れていたと思います。でも、その中で点を取れるか、取れないかというのがいまのチーム状況でもある。シュートまで行く、ボールを保持して攻撃するという部分を継続しながら、あとは点を取るということをしっかり意識したらいいんじゃないかと思います」

OmiyaVisionとは

OmiyaVisionへのアクセス、感謝申し上げます。編集長を務める片村光博です。
OmiyaVisionは大宮アルディージャの情報をより広く、より深く伝えていくためのWEBマガジンです。

大宮アルディージャは2014年のJ2降格を経て、確かな方向性=“Vision”を持って前進しようとトライを重ねている最中です。
より大きく、確かな存在となっていくであろう彼らの歩みを細やかに追い、実像に迫り、皆さまに伝えていく。そんな媒体とするために、OmiyaVisionを立ち上げました。

現在の主なコンテンツは以下のとおりになっています。

●試合情報(監督・選手コメント、マッチレポート、プレビューなど)
●高木通信(練習場でのコメント、フォトレポート、最新ニュースなど)
●コラム(選手・チームコラム、若手特集、アカデミー情報など)
●インタビュー(節目での監督・選手などのインタビューなど)
●番外編(イベントレポート、コラボ連載など)

もちろん上記がすべてではなく、そのときにタイムリーな情報をお届けしていきます。大宮アルディージャを愛する方々にとって、フットボールライフを充実させる媒体となれれば幸いです。

○プロフィール
片村 光博(かたむら・みつひろ)
2002年の日韓W杯でサッカーに目覚め、紆余曲折を経て2013年よりサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』の編集ヘルプの傍ら、フリーランスの記者として活動を開始。2014年から大宮アルディージャの担当記者となり、継続的に取材を行っている。現在おすすめのサッカー漫画は『夕空のクライフイズム』。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

ご自宅で、移動中で、出張先で、いつでも好きな時にプレミアムコンテンツが読める。

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ