サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

「OmiyaVision」片村光博

笠原昂史 – 力強く踏み出した大宮での第一歩【コラム/PlayerVision】

前節・徳島戦(0●1)、笠原昂史が大宮のユニフォームをまとって初の先発を果たした。ルーキーと負傷離脱していた富山貴光を除き、新加入組の中では最も遅い出番となったが、GKというポジションの特殊性を鑑みれば仕方ない部分もある。実際に出番を得た徳島戦でのプレーは、己の価値を十二分に証明するものだった。

(残り 907文字/全文: 1055文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題