「OmiyaVision」片村光博

★無料記事:富山貴光「自分がスイッチを入れられるように働きかけている」【練習コメント】

前線からの守備によってチームにスイッチを入れる存在である富山。“まずは守備”の意識を押し出し、連動した守備を取り戻したい

■富山 貴光
――東京V戦からの立て直しで意識することは?
「まずは守備から。失点してしまうと夏場はキツいですし、最低でも1失点に抑えないと厳しいので、守備のところは意識しながらやっています。みんなでコミュニケーションを取りながら、もう少し前に行ったほうがいいとき、もっと構えながらコンパクトな陣形を保ちながら、スイッチを入れるとき、そういうのを確認しながらやれているかなと思います」

――守備のスイッチ役としての意識は?
「相手がゆっくり回しているとき、バックパスが入ったとき、センターバックがサイドに持ち出したとき、ちょっとずつサイドに限定していくことがうまくできれば、守備はハマっていける。そのあたりは自分がスイッチを入れられるように働きかけているので、試合でもやれたらいいと思っています」

――愛媛戦ではどういう形で試合に入りたい?
「まずは無失点に抑えることは意識しながら。前半は0-0でもいいですし、本当に無失点に抑えることをまずは意識して、流れが悪くてもしっかり我慢して耐えながらやっていく。点は取れていますし、前半が悪くても後半は良くなることが多い。前半は耐えながらやることが大切かなと思います」

――好調時の我慢強さを取り戻していく?
「そこをあらためてしっかりやっていくこともそうですし、失点がこうやって続いている中で、無失点に抑えられれば勝点3は見えてくる。まずはそこからやっていきたいなと思います」

――前回対戦も踏まえて愛媛の印象は?
「僕の後輩の近藤(貴司)もそうですし、前にすばしっこい選手を置いていて、ボールをつなぎながら裏へのアクションが耐えないチーム。本当に一瞬のスキを与えないようにしたい。前回対戦も一瞬のスキからやられてしまったので、1ミリもスキを与えないように、声掛けやポジショニングをサボらずにやっていくことが大切になると思います」

――フリーで裏に蹴らせたくはない?
「蹴らせないようにうまく守備をしながら、でもそれだけじゃない。ほかの状況も見ながら、うまくやっていければいいかなと思います」

OmiyaVisionとは

OmiyaVisionへのアクセス、感謝申し上げます。編集長を務める片村光博です。
OmiyaVisionは大宮アルディージャの情報をより広く、より深く伝えていくためのWEBマガジンです。

大宮アルディージャは2014年のJ2降格を経て、確かな方向性=“Vision”を持って前進しようとトライを重ねている最中です。
より大きく、確かな存在となっていくであろう彼らの歩みを細やかに追い、実像に迫り、皆さまに伝えていく。そんな媒体とするために、OmiyaVisionを立ち上げました。

現在の主なコンテンツは以下のとおりになっています。

●試合情報(監督・選手コメント、マッチレポート、プレビューなど)
●高木通信(練習場でのコメント、フォトレポート、最新ニュースなど)
●コラム(選手・チームコラム、若手特集、アカデミー情報など)
●インタビュー(節目での監督・選手などのインタビューなど)
●番外編(イベントレポート、コラボ連載など)

もちろん上記がすべてではなく、そのときにタイムリーな情報をお届けしていきます。大宮アルディージャを愛する方々にとって、フットボールライフを充実させる媒体となれれば幸いです。

○プロフィール
片村 光博(かたむら・みつひろ)
2002年の日韓W杯でサッカーに目覚め、紆余曲折を経て2013年よりサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』の編集ヘルプの傍ら、フリーランスの記者として活動を開始。2014年から大宮アルディージャの担当記者となり、継続的に取材を行っている。現在おすすめのサッカー漫画は『夕空のクライフイズム』。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ