「OmiyaVision」片村光博

★無料記事:マテウス「まず自分たちのゲームで勝つことが一番重要なポイント」【練習コメント】

目の前の試合にフォーカスするマテウス。勝つしかない状況で得点に絡むプレーに期待が懸かる

■マテウス
――今季のリーグ戦も残り2試合となったが?
「残り2試合になって、今節の山形戦は今季で一番大事な試合になってくると思います。われわれの運命も懸かっているゲームなので、勝ち以外は考えられないし、考えてはいけない。ホームのサポーターの前で勝点を失えば、われわれの目標も達成できなくなる状況なので、どんなプレーをするのかよりも、この試合にすべてを懸けるという意気込みで臨まなければいけない試合だと思います。いまの状況は他力な部分もあるんですけど、まず自分たちのゲームで勝つことが一番重要なポイントです」

――前節・金沢戦の前への姿勢は継続したい?
「前線から激しいプレッシングをしなければいけないですし、今節は勝ちが絶対条件。90分間ゲームを支配するくらいの勢いで戦わないといけない。どんな状況でも勝ちにこだわらないといけないですし、金沢戦で前線からの守備を激しくできたところは、今節でもやらないといけない。相手にサッカーをさせないということも、重要になってくると思います」

――相手である山形の印象は?
「守備のところで堅いイメージもありますし、なかなかスペースを与えてくれない相手になってくると思います。それを上回る勢いやプレーを、自信を持ってやらなければ良い結果にはつながらない。相手を上回る姿勢と気持ちを全面的に出さなければいけないゲームになってくると思います」

――焦れずに戦うことが大事になる?
「耐えるところはしっかり耐えて、我慢強く、点が入らなくても焦れずに仕掛けること、点を取りに行く姿勢は見せなければ勝点3は取れません。相手をこじ開けるためには我慢してトライしなければいけないですし、しっかりと全員で勝ち切ることを意識して、相手を上回る勝利への意欲を見せないといけないと思います」

――今節はホーム最終戦となるが?
「ホーム最終戦なので、多くのサポーターが来てくれると思います。ホーム・アウェイにかかわらず、多くのサポーターがわれわれのために足を運んで応援してくれているので、彼らのためにも勝利を届けなければいけない。そのために良い準備をして、良い姿勢で戦えるようにしていきたいと思います」

OmiyaVisionとは

OmiyaVisionへのアクセス、感謝申し上げます。編集長を務める片村光博です。
OmiyaVisionは大宮アルディージャの情報をより広く、より深く伝えていくためのWEBマガジンです。

大宮アルディージャは2014年のJ2降格を経て、確かな方向性=“Vision”を持って前進しようとトライを重ねている最中です。
より大きく、確かな存在となっていくであろう彼らの歩みを細やかに追い、実像に迫り、皆さまに伝えていく。そんな媒体とするために、OmiyaVisionを立ち上げました。

現在の主なコンテンツは以下のとおりになっています。

●試合情報(監督・選手コメント、マッチレポート、プレビューなど)
●高木通信(練習場でのコメント、フォトレポート、最新ニュースなど)
●コラム(選手・チームコラム、若手特集、アカデミー情報など)
●インタビュー(節目での監督・選手などのインタビューなど)
●番外編(イベントレポート、コラボ連載など)

もちろん上記がすべてではなく、そのときにタイムリーな情報をお届けしていきます。大宮アルディージャを愛する方々にとって、フットボールライフを充実させる媒体となれれば幸いです。

○プロフィール
片村 光博(かたむら・みつひろ)
2002年の日韓W杯でサッカーに目覚め、紆余曲折を経て2013年よりサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』の編集ヘルプの傍ら、フリーランスの記者として活動を開始。2014年から大宮アルディージャの担当記者となり、継続的に取材を行っている。現在おすすめのサッカー漫画は『夕空のクライフイズム』。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ