「OmiyaVision」片村光博

畑尾大翔「多少のリスクを負ってでも点を取りに行かないといけない」【練習コメント】

攻撃的に戦うためにも守備陣の奮闘は不可欠。畑尾はラインの押し上げを強く意識して今節に臨む

■畑尾 大翔
――金沢戦での攻撃的な姿勢は今後に生かしていきたい?
「攻撃で積極的にという部分もありますし、守備でも積極的に前から奪いに行ったことで自分たちにも勢いが生まれました。リスクを掛けているぶん、相手に攻め込まれるシーンもありましたけど、自分たちは勝たなきゃいけないという状況を考えると、多少のリスクを負ってでも点を取りに行かないといけない。それは全員が分かってやっていますし、監督からも『前半はまずアグレッシブに行こう』という話がありました。その中でリスクを掛けているけど、ピンチは少ないという状況を後ろは作らないといけない。もっとそういうところは突き詰めていきたいと思っています」

(残り 1172文字/全文: 1577文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ