『タグマ!サッカーパック』全35メディアが読み放題

裏PANNA-FUTSAL

【コラム】写真の権利関係調べてみました(1)

 

今回取り上げたいのは写真の権利関係について。特にメディア等のHPやSNSに掲載されている写真の利用規約には「利用する際はクレジットを入れて下さい」「サイトのURLを併記して下さい」「商用利用は遠慮下さい」等の表記があります。PANNA-FUTSALでも時折「記事に掲載している写真を使用しても良いですか?」「写真を購入する事はできますか?」という問い合わせを受ける事があります。

私自身は取材活動を行うに当たって無料で写真を渡す事はなく、必ず対価、対物と交換にしてきました。それはカメラマンを本業としている方々の営業妨害をしてはいけないと思ったからです。でもカメラマンの権利って何だろう?著作権?選手にもプライバシーってあるよな?パブリシティ権というのも聞いた事ある。HPで調べてもうまく理解できません。そこで私も仕事として取材活動をしているに当たって正しく理解しなくてはならない!という事で「試合動画の取り扱いって難しい?」の際と同様に弁護士に相談してみる事にしました。

 

その前提として今回関係しそうな代表的な権利関係を列挙してみます。

肖像権:肖像(容姿やその画像など)に帰属される人権のこと。大きく分けると人格権と財産権に分けられる。プライバシー権の一部として位置づけられるものであるが、マスメディアとの関係から肖像権に関する議論のみが独立して発展した経緯がある。ウィキペディアより)

著作権:人権(財産権)の一種。著作者の権利として「著作権」と「著作者人格権」という二種類があり、このうち著作権は著作者の財産的利益を保護する。(ウィキペディアより)

もうこれだけで何がなんだか・・・。

(残り 1278文字/全文: 1982文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題