【サッカー人気5位】J1注目マッチ:FC東京vs柏レイソル

裏PANNA-FUTSAL

【インタビュー】フウガドールすみだレディース新加入堀口佳織選手「地域女子CLに出場した事で欲が出てきました」

 

第7回地域女子チャンピオンズリーグに東北女子フットサルリーグ優勝チームとして出場したvigor。チームの主力でもある堀口佳織選手が今季より日本女子フットサルリーグに参戦するフウガドールすみだレディースへの移籍が発表された。全国的には無名ながら日本リーグへ挑戦しようとした経緯やサッカーの経歴等をインタビューした。

 

 

―まず最初に現在愛用しているシューズを教えて下さい。

堀口選手:ミズノのモレリア、アシックスのデスタッキを履いています。元々サッカーでミズノのモレリアやモナルシーダを履いていて、赤のモレリアが出たので購入しました。

 

―あれ?デスタッキも赤が出ていましたね。

堀口選手:(笑)そうなんです。フットサルではいろいろ履いたりしています。

 

―フウガドールすみだレディースへの入団発表が一人だけ遅れました。これは何か理由があったのでしょうか?

堀口選手:新型コロナの影響で会社からの指示で外出を制限されていた事もあり、3月上旬のセレクションに参加できなかったというのが一番の理由です。

 

―すみだのセレクションを受けようとおもったきっかけは何だったのでしょうか。

堀口選手: vigorでのチームメイトが東京にいて、フットサルの情報を収集していて、いろんなチームでセレクションがあるよと教えてくれました。

 

―東京でチームを探そうと思ったきっかけは何だったのでしょう。

堀口選手:もともと仕事で東北に赴任していました。実は去年の7月のタイミングの転勤で東京に戻ってきていました。ただ急な転勤だったので、vigorで既に選手登録もしていましたし、チームとして全国大会に出場しようという目標を掲げていた事もあり、半年は東京と東北を行き来していました。もうフットサルは辞めようかなと思っていたのですが、vigorが東北リーグで優勝し、地域女子チャンピオンズリーグに出場した事でもっとやりたいなと思うようになりました

(残り 1430文字/全文: 2246文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック