【サッカー人気4位】WEリーグのスタジアムにプロリーグらし…

裏PANNA-FUTSAL

【取材日記】全日本女子フットサル選手権東京都大会の様子はこんな感じでした!

 

第18回全日本女子フットサル選手権東京都大会はデウソン東京レディースの初出場、初優勝で幕を閉じました。結果は以下の通りとなりました。

優勝:デウソン東京レディース(東京都2部)※関東大会初出場

準優勝:BALLENA BLANCA城北レディース(関東)※関東大会初出場


3位:CAFURINGA BOYS東久留米(関東)

以上の3チームが関東大会へ出場を決めました。東京都と言えば最多の出場チーム数を誇る激戦区。少し全日本女子フットサル選手権東京都大会について説明してみます。まず前述の通り、東京都のチームは非常に多く、関東大会へ出場する為に行う東京都大会、そして東京都大会に出場する為の東京都大会予選という形になっています。東京都大会予選に出場できるのは東京都フットサル連盟のリーグ戦に参加している事が条件で、東京都大会への出場枠はその年によって多少の変化があります。またそれぞれの大会の主催者も違っており、東京都大会は東京都サッカー協会フットサル委員会、東京都大会予選は東京都フットサル連盟です。まとめてみるとこんな形です。

関東大会(関東サッカー協会)
3チーム
東京都大会(東京都サッカー協会)
4チーム
東京都大会予選(東京都フットサル連盟)

東京都から関東大会への出場枠は昨年同様3枠。だいたい平年3枠で、事前棄権や開催地によって出場枠が上限するのが通例となっています。ただ例年と違っていたのはシードチームです。元々関東シードというものがあり、前年の関東リーグで上位2位に入ったチームは都県の予選を免除され、関東大会からの出場という制度がありあした。それに加えて今季から日本女子フットサルリーグチームも都県リーグが免除され、関東大会からとなりました。その為、以下のチームがシードとなり、関東大会からの出場が決定しています。

<日本女子フットサルリーグ>
流経大メニーナ龍ケ崎(茨城県)

さいたまサイコロ(埼玉県)
バルドラール浦安ラス・ボニータス(千葉県)
フウガドールすみだレディース(東京都)

立川・府中アスレティックFCレディース(東京都)

<関東女子フットサルリーグ>
優勝:Shoot anilla(神奈川県)
準優勝:FUSION(東京都)

東京都からはすみだ、立川・府中、FUSIONと3チームが東京都大会免除。昨年はこの3チーム共に東京都大会から参加していましたから、これは多くのチームにチャンスを与える事を意味します。東京都大会は昨今のご時世に漏れずに、昨年同様無観客開催でした。その為、現地取材で起きた事、感じた事などを記してみたいと思います。予定しているのは以下の点についてです。

・デウソン東京レディースについて
・関東リーグ勢の敗退
・リガーレ東京レディースの健闘と敗退

 

(残り 3328文字/全文: 4470文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ