『サッカーパック』37メディアが1550円で読み放題

フットボールフィリピン ~やがて日本に立ち向かうアジアの新興勢力~

移籍・在籍情報|星出悠氏、AFCカップに出場するカヤFCのアシスタントコーチに就任

(C) the manila times

マニラタイムズは12日、フィリピンプレミアリーグに所属するカヤFCイロイロの新しい指導体制の紹介記事の中で、グローバルFCなどでプレーしていた星出悠氏がアシスタントコーチに就任したと報じている。

星出氏は東京都出身で、明治大学卒業後にJFLのYKK-APに所属、その後は北米、カリブ海、インドのクラブを経て、2011年にフィリピンに渡りグローバルFCでプレーしていた。近年は、JPヴォルテスFCやグローバル・セブFCに選手兼任の指導者として所属していた。

カヤFCイロイロは、昨年のコパ・パウリーノ・アルカンタラ(国内カップ戦)を制したフィリピンのクラブチームで、フィリピンの第2代表として AFCカップ2019に出場する。

昨年まで指揮を執っていたクリス・グリートウィッチ氏が、フィリピン代表のアシスタントコーチに専念するためにチームを離れたため、新しい指導体制で始動している。

photo by global cebu fc

アシスタントコーチから監督に昇格したノエル・マルケイダ氏は、マニラタイムズの記事の中で星出氏の加入について次のようにコメントしている。

私たちの新しいコーチとなった星出悠は、アジアの大会で良い結果を残すために非常に重要な仕事に取り組むことになります。彼がまだピッチでプレーしていた時にフィリピンのレベルとは異なる資質を持っていることがすぐに分かりました。彼のフットボールのIQは非常に高い。我々には彼を含めた優秀なコーチたちがいるので、チームのポテンシャルは向上すると思います。

尚、カヤFCイロイロには、中京大学出身の大村真也が2011年から所属している。星出氏と大村真也の動向については、今後継続的に記事にしていく予定だ。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック