【サッカー人気1位】【フロンターレの論点】ベガルタ戦で垣間…

フットボールフィリピン

FOX SPORTS ASIA|アジアカップ展望:東南アジア勢で最も評価の高い5人の選手

フォックススポーツアジアは13日、「AFCアジアカップ2019:東南アジア勢で最も評価の高い5人の選手」と題して、大会に参加している東南アジア勢の選手たちを掲載した。

バングラデシュのウミド・クマール・ディー記者は5人の選手に、Jリーグでプレーした3人のタイ代表選手と、フィリピン代表からは日系フィリピンハーフの佐藤大介と、センターバックのアルヴァロ・シルヴァを入れている。

(C) fox sports asia

 

AFCアジアカップ2019:東南アジア勢で最も評価の高い5人の選手

ウミド・クマール・ディー記者

AFCアジアカップ2019が佳境を迎えている。アジアサッカー界で最上位の選手権大会では何人かの素晴らしい選手が出場している。(英プレミアリーグでプレーしているふたり)韓国代表のソン・フンミンやイラン代表のアリレザ・ジャハンバフシュなどが、この大会で最も評価の高い選手だ。

ただし、彼らのような選手だけではなく、タイ、ベトナム、フィリピンの東南アジア勢にフォーカスした場合は少しシナリオが変わる。ここに東南アジア勢で最も評価の高い5人の選手たちを挙げる。

【5位】ティーラトン・ブンマタン – 🇹🇭タイ代表(55万ユーロ)

ティーラトンはタイ代表では左サイドバックでプレーしている。 55万ユーロで評価されたティーラトンはタイ代表の重要なメンバーだ。タイ代表はインド代表との試合で惨劇を演じたが、彼はバーレーン代表戦の勝利に大きく貢献した。

photo by fox sports asia

【4位】佐藤大介 – 🇵🇭フィリピン代表(55万ユーロ)

もうひとりの左サイドバックがランク入りしている。フィリピン代表の佐藤大介はアジアカップでの状況にがっかりしているはずだ。フィリピン代表は現在グループステージで2戦未勝利で、残念ながらこのままこの大会から去ろうとしている状況だ。

【3位】アルヴァロ・シルヴァ – 🇵🇭フィリピン代表(80万ユーロ)

フィリピン代表センターバックのアルヴァロ・シルヴァは、東南アジアで最も価値のあるセンターバックのひとりと言える。彼はハイレベルの個人能力を見せているが、チーム全体の守備はチームワークによって発揮されるものであり、2試合で4失点を喫したのはおそらくそのためだ。

【2位】ティーラシン・デーンダー – 🇹🇭タイ代表(100万ユーロ)

東南アジアのふたりの選手が100万ユーロの壁を越え、そのひとりはタイ代表のティーラシンだ。彼はインド代表との試合で同点ゴールを決めたが、その後インド代表は3つのゴールを決めて勝利したため、ティーラシンはチームを勝利に導くことはできなかった。

【1位】チャナティップ・ソンクラシン  – 🇹🇭タイ(150万ユーロ)

タイ代表はこれまでのところ2点しか得点しておらず、2点目はチャナティップの足から生まれたものだ。しかし、ティーラシンのゴールとは異なり、チャナティップがバーレーン代表戦で挙げた唯一のゴールはタイ代表を勝利に導いた。

 

https://www.foxsportsasia.com/football/asian-football/afc-asian-cup/1018372/afc-asian-cup-2019-five-highest-valued-southeast-asian-players/

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ