【サッカー人気2位】【J1騒乱】[元悦激論・川崎vsC大阪…

フットボールフィリピン

編集長コラム|告知|「フットボールフィリピンチャンネル」開始のお知らせ

フットボールフィリピンをご愛読の皆様、いつもありがとうございます。早速ですがひとつ告知させていただきます。昨年の11月1日からのWEBマガジンの開始に続きまして、この度、YouTubeチャンネルでの動画配信も開始することになりました。

「なんだよ…お前もユーチューバーになりたかったのかよ…」

なんて聞こえてきそうな気配を感じていますが、もちろんそんなつもりはありません。旧松竹映画のシナリオライターだった祖父のDNAを受け継ぐ身として、そしてフットボール後進国フィリピンの実情をお伝えする者として、タグマ!のプラットフォームをお借りしたかたちでのWEBマガジンの継続こそが、与えられた使命だと思っております。

「活字」を愛し「活字」に愛された男。と言い張れるような実績は数えるくらいしかありませんが、「フットボールの言語化」が叫ばれている昨今の潮流に乗る者としては、「活字」「写真」そして「映像」の配信性能の向上を求められているのではないかと、日々の取材の現場で、パソコン画面を前にして、ずっと考えておりました。

動画の撮影、編集作業、配信…現時点では完全に素人レベルですので、その辺はどうかご容赦ください。YouTubeチャンネルもつい先日立ち上げたばかりで、これまでに掲載した記事のラインアップ5本と、(なぜか)マニラのニノイ・アキノ国際空港へのランディング動画が1本あるだけです。

フィリピンという国にも、現地のフットボールにも興味が湧いてこない日本の方々には、まずはフィリピンのイメージの部分から訴えていくしかない。これがまぎれもない今の本心です。ですので、これからはマニラの街や、取材現場の風景、そして指導者や選手たちとの対談やインタビューなどを、映像を織り交ぜながら発信していこうと思います。

もちろん、このWEBマガジンとYouTubeチャンネルはお互いを補い合う関係となります。むしろYouTubeチャンネルは、WEBマガジンの内容をより充実させるための存在と位置づけていますので、YouTubeチャンネルの方だけひとり歩きすることはない、と思っていただいて結構です。

取り急ぎ、本日YouTubeチャンネルで配信した3月の掲載ラインアップを紹介致します。もしお時間あれば他の5本の動画もご覧いただき、「チャンネル登録」動画への「高評価」などご協力いただけると嬉しいです。

その他にも、フットボールフィリピンはFacebook PageTwitterも同時進行でやっていますので、これを機会にぜひ訪れてみてください。「フォロー」「シェア」「リツイート」「いいね」諸々、ご愛読のみなさんからの更なるご協力とご支援を、誠に勝手ながら期待している次第です。

ではまた次の機会に。

フットボールフィリピン編集長・池田宣雄

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック