【サッカー人気1位】【フロンターレの論点】ベガルタ戦で垣間…

フットボールフィリピン

フィリピンフットボールリーグ|カヤ・イロイロが3連勝でリーグ首位浮上、3戦連続無失点

フィリピンフットボールリーグは、国際Aマッチウィーク中の8日にメンディオーラとフィリピン・エアフォースの1試合が行なわれ、15日にカヤ・イロイロとグローバル・マカティ、スタリオン・ラグーナとメンディオーラの2試合が行なわれた。

初のリーグ制覇を狙う昨年のカップ戦王者カヤ・イロイロは、多額の負債を抱えて輝きを失ったグローバル・マカティに手こずりながらも辛勝、開幕3連勝でリーグ首位に浮上した。開幕カードのグリーン・アーチャーズ戦と2戦目のスタリオン・ラグーナ戦に続き、この日もグローバル・マカティを相手に得点を許さず、開幕から3試合連続でのクリーンシートを達成した。

スタリオン・ラグーナはメンディオーラを相手に6得点の大勝で、グリーン・アーチャーズをかわしリーグ3位に順位を上げている。18日の夜に、AFCカップASEANゾーン準決勝ファーストレグのハノイFC戦を控えているセレス・ネグロスは試合がなかった。

今シーズンは、昨年のリーグ王者セレス・ネグロスとカップ戦王者カヤ・イロイロが優勝争いを、スタリオン・ラグーナとグリーン・アーチャーズが3位争いを、そしてフィリピン・エアフォース、メンディオーラ、グローバル・マカティが5位争いを展開すると予想される。

(残り 314文字/全文: 841文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ