【サッカー人気5位】【川崎Fvs名古屋】マッシモフィッカデ…

フットボールフィリピン

王者セレス・ネグロス|新たな投資家とのクラブの所有権売却交渉の事実を公式表明

フィリピン王者のセレス・ネグロスは8日、クラブの所有権を新たな投資家に引き継ぐ交渉を続けていることを公式サイトを通じて表明した。

ここ数週間に渡ってセレス・ネグロスの不穏な動向がマニラ界隈では噂となっていたが、水面下で続けられていた売却話に目処が付いた模様で、新たな所有者やチーム名称などについてまもなく発表できる、としている。

photo via ceres negros fc

OFFICIAL STATEMENT

Ceres-Negros Football Club

Ceres-Negros Football Club is currently in talks with investors who will be taking over the management and ownership of the club in preparation for the fourth season of the Philippines Football League as well as the resumption of the campaign in the AFC Cup.

As soon as the takeover is completed, the club will no longer be known as Ceres-Negros since our current chairman Leo Rey Yanson will not be involved in any way in the affairs of the club.

This is one of the toughest decisions made by Mr. Yanson, whose passion for football was reflected at the way he poured his personal resources and steered the club to unprecedented heights since it was formed eight years ago.

Through Ceres-Negros FC, Mr. Yanson was able to share his love for the game to his countrymen. While the pandemic has struck hard on businesses all over the world, Ceres has made its best efforts to compensate its players and staff.

We will be announcing the new name, new owners and management of the club soon.

Ace Bright, the general manager of the club, will be the point person with regards to the planned takeover as well as the transition to the new management and owners of the club.

Thank you so much for your love and support to the club. Please continue supporting Philippine football.

フィリピンフットボールリーグ三連覇中のセレス・ネグロスは、昨シーズンはリーグカップ戦も制するなど国内では無双の存在。フィリピンの代表として参戦しているアジアのクラブ大会でも結果を出し続けている。

直近のAFCクラブランキングでは東南アジア勢最上位となる32位にランクされ、また1月下旬に味の素スタジアムで行なわれたACLプレーオフ(FC東京との対戦)にも駒を進めるなど、東南アジア域内では存在感を示している。

フィリピンの複数メディアの記事などによると、セレス・ネグロスの所有者であるバス運行会社の経営が、昨今の新型コロナウイルスの蔓延によって急激に悪化したことが、クラブ売却の主たる原因とされている。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック