【サッカー人気1位】色々な意味でキャンプが反映された開幕戦…

デジタルピヴォ! プラス

<地域CL珠玉のコメント集>『関東のチームは守備に偏っている。これでは全国の舞台で勝てない!』(フウガすみだ須賀雄大監督)(2013/3/29)

地域チャンピオンズリーグ1次ラウンド、フウガすみだ対SWH Futsal Club。

 

 

今季終盤、日本フットサルの中心にいたフウガすみだ。監督や選手たちのコメントはさすがにインパクトがある。その1つが、PUMA CUPを前にした地域チャンピオンズリーグ2日目(会場:スカイホール豊田)、須賀監督のそれだ。1次ラウンド最大の難敵SWH Futsal Clubと引き分けて決勝ラウンド進出を決めた試合直後、須賀は、250mlのペットボトルの水を一気に飲み干すと、いつものとおりプレスの囲み取材に対して熱く真摯に語り出した。冒頭のコメントは翌3日目の準決勝の相手が関東リーグ2位のファイルフォックス府中ではなく、ファイルを破ったMEMBER OF THE GANGに決まったことを受けてのものだった。そのコメントには同じリーグで戦うライバルたちへの深い愛がにじんでいた。「お互いもっとレベルアップして、全国に関東の名を轟かそうよ!」、そういうメッセージが込められているように思えた。

 

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

 

関西や東海にはアグレッシブでいいチームが多い

 

Q 明日の準決勝の相手はギャングで決まり?

須賀 だと思います。

 

Q ファイルがあんな結果(1次ラウンド敗退)になったから。いやあ、関東勢、苦戦してる。

須賀 だけど、関東リーグはそういうリーグだと思いますよ。ちょっとディフェンス偏重で、少しフウガに対してはみんないいフットサルが出来るけど、全国のオフェンスがすごく上手なチームには苦戦するという。

 

Q フウガ以外、関東のチームは明らかに結果が出てない。さっきボルク北九州の監督も“九州で勝ってても仕方ない、全国レベルで戦えることを目指して練習している”といっていた。ほかの地域の監督も同様の発言をしている。そういうところを関東勢も意識しないとだめだ。

須賀 実際、そう思いますね。

(残り 1881文字/全文: 2698文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック