『サッカーパック』37メディアが1550円で読み放題

デジタルピヴォ! プラス

[名古屋オーシャンズ存続危機説を完全否定]櫻井GM「並のチームになるくらいだったら辞めますよ!」(2013/8/15)

名古屋集合
いろいろな噂が絶えない名古屋オーシャンズだが、チームを仕切る櫻井GMのチーム強化の意欲は高まるばかりだ。

 

『名古屋オーシャンズ、壊滅か!?』—-そんな噂がFリーグの舞台裏で飛び交っている。本当なら日本フットサル界の重大事件だ。しかし、どうもメディアの誰も真偽を正しているふうがない。ならばオーシャンアリーナカップ期間中に渦中の人、名古屋オーシャンズの代表取締役である櫻井嘉人ゼネラルマネージャーに現時点で噂になっていることをすべてぶつけてみよう。そう思い広報を通じてインタビューを申し込んだところ、すんなりとOKが出た。
Fリーグを世界に近い位置にまで高める努力をしているオーシャンズには深い敬意の念を抱いている。リカルジーニョのような世界的名手を招請し、そのプレーを身近に見ることができたことはフットサルファンとしてこのうえない幸せだ。こうした名古屋の努力が消滅すればFリーグは“全国規模の地域リーグ”に成り下がりかねないと当サイトは本気で危惧している。それだけにとても他人事とは思えない心境でインタビューの場に臨んだが、櫻井GMは当方がぶつける質問をことごとく否定した。それどころか「これからも日本サッカーに貢献し続ける」と明言した。例によって取材対象にしがみつくようにして、もっといえば嫌われつつ、コメントを引き出してきたつもりなので、細部に気をつけつつ、さっそく読んでいただきたい。

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

大会協賛金の減額

 

Pivo! Fリーグの舞台裏で名古屋オーシャンズに関するネガティブな情報が飛び交っているが、そのことは知っているか?
櫻井 いや、知らないです。

Pivo! そのことについてぶっちゃけ、質問するので可能な限り答えてほしい。まず、ネガティブな情報の1つは、名古屋が今のままの形で続くことはないんじゃないか。オーシャンズの親会社のテバ製薬がフットサルから撤退するんじゃないかという危惧だ。その1つのあらわれとして去年までこの大会の名称が「テバオーシャンアリーナカップ」だったのが今年は「Fリーグ オーシャンアリーナカップ」になり、「テバ」の名前が外れている。これはどういうことを意味する?
櫻井 いや、お金は出してますよ。減額したから。

Pivo! 減額した、協賛金を? それは何割くらい?
櫻井 それは答える必要はないと思いますけど。というか答えちゃいけないと思うのでノーコメントです。

Pivo! そのために名前を外した?
櫻井 減額するにあたって、減額するのに(去年と)同じにとはいかないだろうということで、っていうだけです。

Pivo! テバのそういう意向があって、それに従って大会名称を変えたと。
櫻井 そうですね。

Pivo! テバ製薬によるオーシャンズとのメインスポンサー契約が来年まであるそうだが、それは事実か。
櫻井 ありますよ。

Pivo! 来年までで間違いない?
櫻井 とりあえず最初の契約がですね。はい。

Pivo! それは継続できそう?
櫻井 いや、わからないです。

Pivo! そのことと、この大会の協賛金の減額という問題も含めて、テバ製薬のフットサルからの撤退へと緩やかにつながっていくんじゃないかという噂が飛んでいる。
櫻井 それはわからないです。わからないです。

Pivo! 契約継続に向けて努力している段階だからわからないと。
櫻井 わからないです。山下さんには特にいえないですね(笑)。

Pivo! なんで!? オレが好きだから(笑)?
櫻井 いやいやいやいや(笑)。

 

電車移動はコストカット?

 

Pivo! 次の質問。情報を尽き詰めていくと怪しいところがなくはないが、あえて聞きます。最近の事例で、オーシャンズが7月27日のFリーグ第9節浦安戦で会場からの帰路、選手が京葉線に乗っていた。その場面に遭遇したメディア関係者が“え、オーシャンズが電車移動!?”と仰天。これが今噂のオシャーンズの屋台骨が揺れているという説とひとつになって“オーシャンズがコストダウンに必死!?”“やっぱりオーシャンズはやばいのか!?”という憶測へと発展した。しかし、冷静に考えてみると午後5時からのキックオフなのに例えば前泊したとして午前11時にチェックアウトとなったら暑いさなか選手はコンディションを保つのに大変。結局、東京駅まで新幹線で来て浦安までは京葉線、というのがもっとも合理的な移動手段だった。
櫻井 今までと一緒ですよ。5時からのキックオフに前泊する意味がないじゃないですか。2時からの試合であれば前泊ですよ。

(残り 3865文字/全文: 5728文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック