湯麺戸塚にいく(海江田哲朗)【J論】

デジタルピヴォ! プラス

PK戦でバルセロナが熱戦を制す 3連覇を達成(スペインリーグプレーオフ決勝4節)(2013/10/4)

Foto2013100201
2点を先行されたバルセロナだったが、キックインからセルヒオ ロサノが決めて同点に追いつく。こう着した試合でバルセロナはセットプレーから得点を奪う。これが彼らの強さの要因のひとつである。試合展開に関係なく、セットプレーからは突然ゴールが生まれる。

 

2012-2013シーズンのスペインリーグプレーオフ決勝4節を写真で振り返る。決勝4節はバルセロナのホーム、パラウ ブラウグラナで行われた。得点を奪い合う両者の戦いは延長戦でも決着がつかず。エルポソは延長戦で2度第2PKのチャンスをつかんだが決めることはできず。決着はPK戦へと突入。PK戦ではバルセロナがエルポソの4人目のキッカーを前にゴレイロを交代。その策が見事に当たり、ゴールマウスに立ったクリスチャンがホセ ルイスのキックを止めた。その後、バルセロナは5人目のキッカー、キャプテンのトーラスが決め、リーグ3連覇を達成した。

 

写真・文◆座間健司

 

Foto2013100202
エルポソは4分で2点を奪うことに成功した。その2得点の立役者がエルポソのアドリーだ。レフティーの彼がドリブル突破で相手ディフェンス陣のバランスを崩した。アドリーは2アシストの活躍。

 

Foto2013100203
ドリブル突破を試みるエルポソのスペイン代表のアレックスをスライディングで止めるガブリエル。代表クラスの選手たちがコートの至るところでぶつかり合っている。

(残り 972文字/全文: 1555文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック